KE125(125MS・KS125・125TRボブキャット) 車体データ・スペック

カワサキのKE125のスペックなんかを説明していきます。
データは少ないですが同系統の125MS、KS125、125TRボブキャットの説明も一緒にしていきます。

主要諸元で書いていくスペックはKE125のものですが…
KE125

KS125

125TRボブキャット
(125MSは画像すらありませんでした…)


エンジン  124cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式

内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.6mm /7.0:1

最高出力 13PS/7,500rpm

最大トルク 1.50kgm・f/6,000rpm
                     
乾燥重量 99kg

パワーウェイトレシオ 7.62kg/PS
                                       
               
製造期間 1979年-1982年
                 

全長x全幅x全高 2105mm x 870mm x 1075mm
ホイールベース 1350mm
地上最低高 250mm
                    

燃料供給装置 キャブレター式(VM24SS 24Φ)
点火方式 機械式ポイント

使用スパークプラグ BR8ES
バッテリー 6V

始動方式 キック式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン

一次減速比 調査中
二次減速比 3.857


変速機 常時噛合式・6速リターン

変速比
1速 2.600
2速 1.690
3速 1.250
4速 1.050
5速 0.890
6速 0.800

サスペンション 前:テレスコピック式 Φフロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前後:機械式ドラムブレーキ(リーディングトレーリング)

タイヤサイズ 前:2.75-21 4PR 後 3.50-18 4PR

燃料タンク容量 6.3L
エンジンオイル容量 1.1L

特徴とか

KE125は、当初(1973年)125TRボブキャットとして販売された、その後125MS→KS125と名を変え、最終的にKE125になったという経緯を持つ。

125TR時代には16馬力あったエンジンも、KE125では13馬力にダウン。
トルクも抑えられている模様。

車体はほぼ同じだが、各世代エンジンの互換性はないという話。
ちょっと不思議なバイクである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿