KH90 車体データ・スペック

カワサキのKH90のスペックなんかを説明していきます。
カワサキの代名詞の一つである、通称ケッチシリーズの最少排気量の車両です。

主要諸元


エンジン  89.9cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式

内径x行程 / 圧縮比 47.0mm x 51.8mm / 7.0:1

最高出力 10.5PS/7,500rpm

最大トルク 1.00kgm・f/7,000rpm
                     
乾燥重量 96kg

パワーウェイトレシオ 9.14kg/PS
                                       
                     
製造期間 1976年-1981年

全長x全幅x全高 1990mm x 775mm x 1030mm
ホイールベース 1215mm
                    

燃料供給装置 キャブレター式(型式不明 20φ?)
点火方式 マグネトーポイント

使用スパークプラグ B8HS
バッテリー 6V

始動方式 キック式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン

一次減速比 3.524
二次減速比 2.571


変速機 常時噛合式・5速リターン

変速比
1速 2.920
2速 1.760
3速 1.300
4速 1.090
5速 0.960

サスペンション 前:テレスコピック式 フロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ

タイヤサイズ 前:2.50-18 4PR 後:2.75-18 4PR

燃料タンク容量 9.5L
エンジンオイル容量 1.2L



特徴とか

一部資料には、90SSから車名のみの変更とある場合があるが、車体自体が違うので、エンジン以外フルモデルチェンジである。

逆にエンジン周りは後期型90SSのままで、キャブレターセッティングの微妙な変更のみ。

車体は前後油圧式ディスクブレーキと、当時としてはかなり豪華な装備。

しかし販売当時は50cc全盛期であり、あまり販売台数は伸びなかったが、それ故に現在では完動車両はプレミア価格である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿