RG80/E 車体データ・スペック

スズキのRG80Eのスペックなんかを説明していきます。
ガンマシリーズの先祖?と思いきや、80ccクラスで独立しているモデルのようです。
(画像はRG80E)

主要諸元


エンジン 79cc 2サイクル 空冷単気筒 パワーリードバルブ式 
内径x行程 / 圧縮比 49.0mm x 42.0mm / 7.2:1

最高出力 10.0PS/8,500rpm
         
最大トルク 0.89kgm・f/8,000rpm
                     
乾燥重量 81kg
         
パワーウェイトレシオ 8.10kg/PS
                               

製造期間 1981年-1988年

全長x全幅x全高 1855mm x 740mm x 1045mm
ホイールベース 1225mm



燃料供給装置 キャブレター式(VM19SH 18φ)
点火方式 CDI点火(PEI)

使用スパークプラグ B7HC
バッテリー 6V

始動方式 キック式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン

一次減速比 3.814
二次減速比 3.071

変速機 常時噛合式・5速リターン
変速比
1速 3.166
2速 1.941
3速 1.380
4速 1.083
5速 0.961

サスペンション 前:テレスコピック式 フロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前後:機械式ドラムブレーキ(リーディングトレーリング)) RG50Eはフロントディスクブレーキ(油圧式1POT)

キャスター 61.7°
トレール 102mm

タイヤサイズ 前:2.75-18 4PR 後:3.00-16 4PR

燃料タンク容量 9.5L
エンジンオイル容量 1.2L


特徴とか

RG50Eと同じクランクケースを使用しているが、ボア・ストロークともに拡大されている。

通常モデルではスポークホイールと前後ドラムブレーキだが、上級モデルのRG80Eではキャストホイールとフロントドラムブレーキを装備している。

あまり台数が出なかったようだが、こいつが売れていればRG80Γなんてのもあったのかもしれないね。



メンテナンスデータ(レストア目的向け)


フロントタイヤ空気圧 150kpa
リアタイヤ空気圧 150kpa

その他調査中

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿