RG125/E 車体データ・スペック

スズキのRG125とRG125Eのスペックなんかを説明していきます。
GT125の後継車両であり、RG125Γへと繋がる車両です。

RG125

RG125E


主要諸元


エンジン 123cc 2サイクル 空冷2気筒 ピストンリードバルブ式
(RG125Eはパワーリードバルブ式)
内径x行程 / 圧縮比 43.0mm x 43.0mm / 6.9:1

最高出力 16.0PS/9,500rpm

最大トルク  1.30kgm・f/8,500rpm

乾燥重量 122kg

パワーウェイトレシオ (初期型)7.63kg/PS

製造期間 1978年-1986年?

全長x全幅x全高 1970mm x 750mm x 1035mm
ホイールベース 1275mm

燃料供給装置 キャブレター式(VM20SH 20φ?)
点火方式 PEI
使用スパークプラグ B8HS

始動方式 キック式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン

一次減速比 データなし
二次減速比 データなし

変速機 常時噛合式・5速リターン 
変速比 データなし

サスペンション 前:テレスコピック式 フロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前:油圧式ディスクブレーキ 後:機械式ドラムブレーキ(リーディングトレーリング)

タイヤサイズ 前:2.75-18 4PR 後:3.00-18 4PR

燃料タンク容量 7.0L
エンジンオイル容量 1.2L


特徴とか

前述の通り、GT125からのモデルチェンジ版であるが、2年でRG125Eにフルモデルチェンジ。
従来のピストンリードバルブ式からパワーリードバルブ式になった。

やはりRGの系譜であり、エンジンは一貫して43×43のスクエア2気筒。

割りとメジャーなバイクと思われるがデータは少ない…
スズキのバイクってどうしてデータ少ないのよ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿