TY125 車体データ・スペック

ヤマハのTY125のスペックなんかを説明していきます。
90cc版であるTY90もあるみたいですが、こちらはデータがなく…
TY125のみ説明します。

主要諸元

エンジン    123cc 2サイクル 空冷単気筒 ピストンリードバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.0mm / 7.1:1

最高出力 7.6PS/6500rpm

最大トルク 0.84kgf・m/6000rpm

乾燥重量 88kg
パワーウェイトレシオ 11.59kg/PS

製造期間 1975年-1979年?

全長x全幅x全高 1960mm × 820mm × 1120mm

ホイールベース 1260mm

燃料供給装置 キャブレター式(VM22SS 22φ)
点火方式 ポイント
使用スパークプラグ  B7ES

始動方式 キック式
駆動方式 チェーン
バッテリー 6V


変速機 常時噛合式・6速リターン

変速比
1速 3.090
2速 2.461
3速 1.875
4速 1.421
5速 1.000
6速 0.769

サスペンション 前:テレスコピック式 26φフロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前後:リーディングトレーリング式ドラムブレーキ 

タイヤサイズ前:2.75-21 4PR 後:4.00-18 4PR

燃料タンク容量4.0L
エンジンオイルタンク容量 0.3L

特徴など

ヤマハがトライアル入門用として販売した、公道走行もできるトライアルバイク。

公道走行もできるというフレコミのため、クロスになっている4速までに対して、5・6速は非常にワイドにつくられている。

ただ、ガソリンタンクは4L、エンジンオイルタンクに至っては0.3Lしか入らないため、公道走行にはいささか不安がある。

馬力、トルク共に抑えられているがこれはキャブレターが小さいためであり、
むしろトルクインダクションシステムを採用しているためトライアルバイクとしては力強い走りができる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿