TDR80 車体データ・スペック

ヤマハのTDR80のスペックとかを説明していきます。
車体はTDR50と共通みたいですが、単純にボアアップした車両ではないようです。

主要諸元

型式 3GA

エンジン    79cc 2サイクル 水冷単気筒 クランクリードバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 49.0mm x 42.0mm / 6.6
:1

最高出力 10.0PS/8,500rpm
最大トルク 0.88kgm/7,750rpm

乾燥重量 80kg
パワーウェイトレシオ 8,00kg/PS


製造期間 1988年-1996年

全長x全幅x全高 1720mm x 720mm x 1045mm
ホイールベース 1130mm

燃料供給装置 キャブレター式(VM18SS 18φ)
点火方式 CDI
使用スパークプラグ  BR8ES

始動方式 キック式
駆動方式 チェーン
バッテリー 6N4

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
1速 3.250
2速 2.125
3速 1.550
4速 1.227
5速 1.040
6速 0.923

サスペンション 前:テレスコピック式 30φフロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ(片押し1POT)

タイヤサイズ 前:3.50-12 2PR  後100/90-12
燃料タンク容量8.0L
エンジンオイルタンク容量 1.2L

特徴など

TDR50と同じ時期に販売された車両だが、エンジンには共通点はなく、ボアもストロークも違う。

更にクラッチ枚数も違うため、事実上中身は50とは別物。

車体の小ささに加えダブルシートではなく、タンデムステップも無いため一人乗りの車両である。

TDR50もだけど、この車両はNSR250Rのリアサスが流用できるってさ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿