TDR125/R 車体データ・スペック

ヤマハのTDR125とTDR125Rのスペックとかを説明していきます。(規制後TDR125Rを含める。)

125ccでは速い部類のバイクであり、現代の250ccをも超えるパワーをもったバイクですが…
1997年以降は規制がかかり、見事に牙を抜かれてしまいました…

(写真はTDR125R)

(写真は規制後TDR125R)

主要諸元


エンジン    124.8cc 2サイクル 水冷単気筒 クランクリードバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.68mm / 6.8:1

最高出力 (TDR125前期型)28PS/10,000rpm
                 (TDR125後期型)29PS/9,500rpm
                 (TDR125R)30PS/9,500rpm
                 (規制後)15PS/8500rpm

最大トルク (未公表らしい…)

乾燥重量 (規制前)110kg
                 (規制後)120kg

パワーウェイトレシオ
(TDR125前期型) 3.93kg/PS
(TDR125後期型) 3.79kg/PS
(TDR125R) 3.67kg/PS
(規制後) 8.00kg/PS

製造期間 (TDR125)1989年-1993年
                 (TDR125R)1993年-1995年
                 (規制後)1997年-2007年

全長x全幅x全高
(TDR125前期型)2090mm x 830mm x 1225mm
(TDR125後期型)2105mm x 790mm x 1185mm
(TDR125R)2090mm x830mm x1225mm
(規制後)2120mm x840mm x1195mm

ホイールベース (TDR125)1415mm
                            (TDR125R)1385mm
                            (規制後)1405mm

燃料供給装置 キャブレター式(デロルトPHBN28 28φ 規制後はVM28)
点火方式 CDI
使用スパークプラグ  BR9ES

始動方式 セルスターター式
駆動方式 チェーン

バッテリー
(規制前)6V
(規制後)12V

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
(データなし)

サスペンション 前:テレスコピック式 フロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス(モノクロス)

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ

タイヤサイズ (TDR125・規制後TDR125R)前:100/90-18  後130/80-17
                        (TDR125R)前100/80-17 後130/70/17

燃料タンク容量 (TDR125)15.0L
                            (TDR125R)13.0L
                            (規制後)11.0L
エンジンオイルタンク容量 ?


特徴など

もともとはイタリアのベルガルダヤマハで作っていたバイクだが、
1997年以降は日本のヤマハで作って海外に輸出していたバイク。

TDR50TDR80が小柄なのに対して、こちらは非常にに大型で重く、スタイルもTDM系のスタイル。

ベルガルダ時代のスペックはものすごいものがあり、
28PS以上を叩きだすエンジンを搭載している。

だがイタリア製バイクの弱点か部品がない…
その点、1997年以降のTDR125は規制こそかかっているが部品は多く手にはいる。

規制後のエンジンにはYPVSがついているが、電気的にリミッターをかけてあるらしく、それで馬力を抑えてある。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿