DT125 車体データ・スペック

ヤマハのDT125のスペックなんかを説明していきます。
DT125Rとはまた別なのでご注意くださいませ。

これも細かくモデルチェンジされており、スペックが大幅に違いますが、DT125全モデルをこの記事で説明します。

73年式

78年式

DT125LC



主要諸元

型式

エンジン    (81年まで)123c 2サイクル 空冷単気筒 ピストンリードバルブ式
                    (82年式から)123cc 2サイクル 水冷単気筒 ピストンリードバルブ式

内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.0mm / 6.8:1

最高出力 (79年式まで)13.0PS/7000rpm
                 (82年式まで)14.0PS/7500rpm
                 (83年式)16.0PS/7000rpm
                 (最終型)18.0PS/7500rpm

最大トルク (79年式まで)1.30kgf・m/6500rpm
                     (82年式まで)1.40kgf・m/7000rpm
                     (83年式以降)1.70kgf・m/7000rpm
                     
乾燥重量 (82年式まで)98kg
                 (それ以降)96kg

パワーウェイトレシオ (79年式まで)7.54kg/PS
                                        (82年式まで)7.00kg/PS
                                        (83年式)6.00kg/PS
                                        (最終型)5.33kg/PS

製造期間 1974年-1984年

全長x全幅x全高 (82年式まで)2105mm × 865mm × 1120mm
                             (それ以降)2115mm × 830mm × 1170mm

ホイールベース 1340mm

燃料供給装置 キャブレター式
                         (82年式まで VM24SS? 24φ)
                         (それ以降 VM26SC? 26φ)

点火方式 (79年式まで)ポイント
                 (それ以降)CDI

使用スパークプラグ  B8ES(水冷エンジンはB9ES?)

始動方式 キック式
駆動方式 チェーン

バッテリー 6V


変速機 (77年式まで)常時噛合式・5速リターン
             (それ以降)常時噛合式・6速リターン

変速比(5速モデルはデータなし)
1速 3.500
2速 2.240
3速 1.555
4速 1.190
5速 1.000
6速 0.840

サスペンション 前:テレスコピック式 正立フロントフォーク
後:(76年式まで)スイング・アーム式ツインサス
     (77年式から)スイング・アーム式モノサス(モノクロス)

ブレーキ 後:リーディングトレーリング式ドラムブレーキ 

タイヤサイズ(77年式まで)前:3.00-19 4PR 後:3.25-18 4PR
                        (83年式まで)前:2.75-21 4PR 後:3.25-18 4PR
                        (最終型)前:2.75-21 4PR 後:


燃料タンク容量(77年式まで)10L (78年式から)11.5L
エンジンオイルタンク容量 ?

特徴など

AT125のフルモデルチェンジした姿。
同じ車名の中でエンジン自体がガラリと変わった珍しい車種。

発売当初はフロントタイヤのサイズが19インチと、オフロードモデルにしてはなんとも中途半端なサイズであり不評だったが、そんな市場の声もありすぐにフロントタイヤは21インチとなった。

上記の通り、82年式からは水冷エンジンを搭載してパワーアップしているが、さらに最終型はヤマハ特有の吸気デバイスであるYEISを装備。輪をかけてパワーアップしている。

デザインも82年式からは一新、後のDT125Rに近いスタイルとなった。

基本的に始動はキックスターターのみだが、輸出仕様はセルスターター式のものがあったようだ。

5速モデルは割りとプレミアもんとの噂がある。
変速比はAT125と一緒か?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿