バンバン75/S(RV75) 車体データ・スペック

スズキのバンバン75のスペックなんかを説明していきます。
バンバン75スポーツと呼ばれるモデルも、この記事で説明します。
(写真は海外モデル)

主要諸元

型式 RV75


エンジン    72cc 2サイクル 空冷単気筒 ピストンリードバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 47.0mm x 42.0mm / 6.4:1

最高出力 (RV75)5.0PS/6,000rpm
                 (RV75S)6.5PS/6,000rpm

最大トルク 0.83kgm/5,000rpm

乾燥重量 86kg
パワーウェイトレシオ (RV75)17.2kg/PS
                                          (RV75S)13.23kg/PS


製造期間 1973年-1989年

全長x全幅x全高 1625mm x 775mm x 985mm
ホイールベース 1095mm


燃料供給装置 キャブレター式(VM16 16φ)
点火方式 ポイント点火
使用スパークプラグ  BP7HS

始動方式 キック式
駆動方式 チェーン
バッテリー 6N4

変速機 常時噛合式・4速retire
         

変速比
1速 3.384
2速 2.052
3速 1.478
4速 1.071


サスペンション 前:テレスコピック式 フロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前後:リーディングトレーリング式ドラムブレーキ 

タイヤサイズ前後5.40-10 4PR
燃料タンク容量3.5L
エンジンオイルタンク容量 1.0L


特徴など

バンバンの小排気量シリーズでは再後発の車両。

車体自体はバンバン50(RV50)と共通であるが、後に足回りの強化やエンジンダンパーの装着が施された、いわゆるバンバンスポーツが発売された。

バンバン90が完全に上位互換のため台数は少なめだが、車体にバンバン50のものが使えるため、メンテナンス製はこちらのほうが上か。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿