RG125Γ(NF13A) 車体データ・スペック

スズキのNF13A RG125Γのスペックなんかを説明していきます。

NF11Fの後に出た車両で、後期型と呼ばれていたり、海外ではRG125Fなんて呼ばれていたりします。
型式 NF13A

エンジン    124cc 2サイクル 水冷単気筒 クランクリードバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 54.0mm x 54.0mm / 7.4:1

最高出力 22.0PS/10,000rpm
                 (海外フルパワー仕様)30PS/11,500rpm

最大トルク 1.7kgm/8,000rpm

乾燥重量 123kg
パワーウェイトレシオ 5.59kg/PS
                                        (海外フルパワー仕様)4.06kg/PS

製造期間 1992年-1996年

全長x全幅x全高 2005mm x 770mm x 1090mm
ホイールベース 1355mm

燃料供給装置 キャブレター式(VM30SS 30φ)
点火方式 CDI点火
使用スパークプラグ  BR9ES

始動方式 セルスターター式
駆動方式 チェーン
バッテリー 12V

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
1速 2.636
2速 1.857
3速 1.333
4速 1.095
5速 0.916
6速 0.833

サスペンション 前:テレスコピック式 39φ倒立フロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス(フルフローター・ガルアーム)

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ(F:対向4POT R:対向2POT)

タイヤサイズ前:110/80-17  後:120/80-17
燃料タンク容量  14L
エンジンオイルタンク容量 1.2L


前モデルの125Γからはフルモデルチェンジし、共通する部品は何もない。

全てが進化しており、フレームは新型、フルフローター・ガルアームのリア回り。(スズキはガルアームとは言わないか?)

ブレーキも合計で6POT、倒立フォークなど豪華な装備である。

つまり、市販車でありながら既にSP仕様なのです。

カウリングもVガンマ後期のものに似ており、非常にカッコいいのである!(重要)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿