2018年に50cc免許撤廃で125ccまで乗れるって本当!?


過去になぜ原付1種と2種が統合されないかについて書いたけど、どうやらオイラは情弱だったのかもしれない。

近い将来、自動車免許を持っているだけで125ccのバイクまで乗れそうだという情報があった。

詳細なこと

たまたま見つけたこの情報。ソースは2chだが、細かいところまで書いてあったので紹介する。

以下引用。



125ccまでが普通自動車免許取得者は無条件で乗れるようになる予定
50ccバイクの免許所持者は教習所にて3時間の講習後に小型二輪免許交付予定
そして50ccの30速度制限は撤廃、しかし二段階右折はそのまま残す予定
だそうだ

以上まで引用。

もしこれが本当なら、今後は原付1種免許しかもってなくても三時間教習を受ければ125ccまで乗れて、かつ50ccバイクしか持ってなくてもボアアップし放題ということになる。




情報の信頼性は?

この情報は、2chに投稿されたもので、投稿日は2016年3月31日。
つまりエイプリルフールの前日な訳で、見事な釣りの可能性もある。

しかし、2018年と嘘にしては込んだ設定な上に、50ccも存続しつつ125ccの需要を広げるというところに信頼性を感じた。

ただでも、信頼できるソースがないあたり(2chに投稿されたこの情報のみ)、まだまだ信頼できないんだよなぁ…

125ccのバイクをメーカーが増やしてきているので、ぜひともこの情報が真実であってほしいものですが…

(9/20 追記)
この件に関連して、9/17に経産省の自動車課長より言及があったようだ。


以下、一部引用。

経済産業省の川野大志自動車課長は、神戸市で開催された
「BIKE LOVE FORUM」(バイク・ラブ・フォーラム=BLF)の中で、改めて市場活性化する規制緩和として、免許取得について触れた。
「我々ももう少し行政の立場で知恵を絞りたいと思っていて、そう簡単ではないのかもしれないが、
排気量125ccの免許取得を今までより簡単にするというような取り組みにチャレンジしてみた」と、述べた。

以上まで引用。

これのソースはYahooニュースのため、信頼性はあると思われる。

自動車免許のおまけや、50ccと125ccの免許の統合などには触れていないが、今後125ccの免許が取りやすくなるのは期待できそうだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿