NSR50の年式による違い 前期と後期で何が違うの?

前回の記事で言っていた、NSR50の年式による違いを説明していきます。

初期型(1987~88)


前期型の最初の型だけど、販売期間が短いの。
チャンバーはダウンチャンバー。こっちの方が低速トルクがあるとかで、ノーマルクラスでは人気。
トップブリッジは鉄でペラペラなやつがついてる。
ホイールが三本スポーク。
画像で見た方が早いな。





前期型(1989~92)


チャンバーがアップチャンバーになった。
リアサスが初期型よりいいもんがついてる。
まだホイールは三本スポーク
これも画像で見た方が早い。





後期型(1993~94)


エンジンが設計変更になり、排気ポートの形状が変わった。
馬力とかは変わらんので、単純に特性の変更となる。高回転型になったっつーこと。
遂にホイールが6本スポークになる。
こんなホイール。


最終型(1994~)

今までのNSR50とは別物と考えていいほどのNSR。
トップブリッジがアルミのクランプタイプになり、剛性アップ。
当然ステムも違うので、フレームも違う。
スイングアームもベアリング式になり、さらに路面を捉える力が強くなった。

発電のジェネレータも専用設計、クラッチも専用設計、ラジエーターは大型化。

フロントフォークも一新、専用設計となり、リアサスもイニシャル調整ができるようになる。

あと、シフトペダルがリンク式になった。地味に。

最強最後のNSR50。
ま、この後NSR-miniっていうガチの最強が現れるんだけど、あれはレーサーだし、別の話だね。


こんなところでしょーか!ツッコミどんどん待ってます!笑

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿