NS-1 車体データ・スペック

HONDA NS-1のスペックなどなどを解説していきます。


主要諸元

型式 A-AC12

エンジン AC08E型 49cc 2サイクル 水冷単気筒
内径x行程 / 圧縮比 39.0mm x 41.4mm / 7.2:1

最高出力 7.2PS/10,000rpm
最大トルク 0.65kgm/7,500rpm

乾燥重量 92kg
車両重量 101kg

パワーウェイトレシオ 12.78kg/PS

製造期間 1991年-1999年

フレーム ダイヤモンド
全長x全幅x全高 1905mm x 670mm x 1080mm
最低地上高 130mm
シート高 752mm


燃料供給装置 キャブレター式(PF72 18φ)
点火方式 CDI
使用スパークプラグ BR8ES

始動方式 キック式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン

キャスター 25°
トレール 94mm

一次減速比 4.117
二次減速比 2.928

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
1速 3.545
2速 2.333
3速 1.722
4速 1.380
5速 1.217
6速 1.130

サスペンション 前:テレスコピック式 31φフロントフォーク 後:スイング・アーム式

ブレーキ 前:油圧式ディスク(片押し2POT) 後:油圧式ディスク(片押し1POT)

タイヤサイズ前90/80-17 46P後100/80-17 52P

燃料タンク容量8L
エンジンオイル容量 1.2l

スポンサーリンク





特徴とか


最大の特徴は、タンクであるべき部分がメットインで、ガソリンタンクがケツについているってこと。

そのせいでガソリン満タンに入れていると、ケツが振られちゃったりする。≒転倒するときが…

メットインを犠牲にして、NSR250やCBR250のタンクを移植する人もいたり、
中には純正タンクを叩いたり曲げたりしてメットインの中に押し込む猛者もいる。

前期型と後期型があるが、パーツはほぼ共通。
ただし、CDIは使えない!

あと、後期型にはエンジンにインテークチャンバーなるものがついていて、低速トルクをそれで補ってるらしいけど、あんまり変わらない。

前期と後期の違いは、なんもいじってなければ外装で判断できます。
上のRVF的なカウルが後期型。
んで、


これが前期型。 

前期型の方が速いと言う意見もあるぞ。

なんだかんだで販売終了から15年以上経つから、パーツも少なくなっているぞ。

まだまだ人気車種なんで、中古相場も高いさね。


カスタムパーツ・消耗品関連

メンテナンスデータ(レストア目的向け)

(著者のまち氏(@ryotus23)より許可を得てあります。突き詰めているので、是非。)

ミッションオイル容量 0.9L (交換値 0.8L)
ミッションオイル粘度 10W-30

クラッチディスク使用限度 2.5mm
発電機形式 交流

フロントフォークオイル ホンダウルトラクッション10号
オイルレベル 139.6mm
フォークオイル容量 155.5~157.5cc

純正キャブレターセッティング
エアスクリュ戻し 1 1/4
ジェットニードル 2段目
メインジェット (前期)95番
                            (後期)100番
スロージェット 40番
アイドリング値 1400rpm +-100

チェーンサイズ 420M/128RJ

純正タイヤ空気圧
フロント・リア共に200KPA

(2017/5/28修正)まち氏よりメインジェットとチェーンサイズの指摘。

その他調査中

スポンサーリンク

スポンサーリンク

6 件のコメント :

  1. NS-1に25年以上乗ってますけどガソリン満タンでケツが振られるなんて聞いた事も経験したこともないですけどね。どっか壊れてるんじゃないですかね?

    返信削除
    返信
    1. 乗り方の問題なのかも…
      ただ重量バランスがよろしくないのは事実

      削除
  2. モリワキMH80Rのアルミタンクをフロントに付ければ万事解決。

    返信削除
    返信
    1. ないじゃないか…
      BW'sのタンクがメットインに入るらしいですね

      削除
  3. リンク有難うございます!*(^o^)/*
    メンテナンスデータについて幾つか指摘をさせて下さい...!
    メインジェットなんですが確かに前期型は95番ですが後期型は100番ですのでその点も記載した方が良いかと思います
    あとチェーンサイズですが420M/128RJです

    返信削除
  4. ありがとうございます。修正しました!

    返信削除